TOP商品ラインナップ>NSクリーンWタイプ:水置換

NSクリーンWタイプ

水置換の原理

被洗浄物(金属)と水の間に界面活性剤が入り込んで被洗浄物の表面に吸着します。そのため、水は被洗浄物の表面から排除されるように微細な粒子となって分離します。分離後の水は集合して大きな水滴となり、Wシリーズとの比重差によって槽底部に沈降します。

水置換の原理

水溶性加工油の洗浄システム例(水置換)

水溶性加工油の洗浄システム例

代表性状

洗浄方法・ポイント

  • 水溶性汚れ(水溶性切削油など)の付着部分を水洗浄する。
    • 水溶性汚れの蓄積を防ぐため、水はこまめに交換してください。
    • 水置換槽への水溶性汚れの持ち込みが少ないほど、Wシリーズの液寿命は長くなります。
    • 精密部品、鏡面加工品は、できるだけイオン交換水をご使用ください。
  • 水に濡れた部品を水置換層に浸漬させる。
    • 軽い揺動で部品上の水分は水滴となって沈降します。
    • 激しい揺動、超音波などは必要ありません。強く攪拌すると水が液全体に分散して白濁し、水置換性能の低下を招く恐れがあります。
  • NSクリーンで仕上げ洗浄(リンス)する。
    • 水置換槽への浸漬によって、部品表面上には微量の界面活性剤が残留します。NSクリーンに浸漬して濯いでください。
  • 水置換槽の底部にたまった水はドレンコックから排出する。
    • 作業開始前、終了時には必ずドレン水を排出してください。
このページの先頭へ
Copyright© JX Nippon Oil & Energy Corporation All Rights Reserved.